日本音楽療法学会近畿支部
 Kansai Music Therapy Association

目次
東日本大震災について
支部長挨拶
組織と体制
委員会の役割
日本音楽療法学会近畿支部会則
日本音楽療法学会近畿支部三役選出に関する内規


支部長挨拶
日本音楽療法学会近畿支部支部長 大前 哲彦




組織と体制
  支部長 大前哲彦(大阪音楽療法協会)    
  副支部長 鈴木暁子(東加古川病院)     
  事務局長 池田智子(一般社団法人兵庫県音楽療法士会)     
事務局次長 山田由紀子(西宮音楽療法研究会)
  事務局員 会計:佃誉子(一般社団法人兵庫県音楽療法士会)     
  〃 庶務:加戸敬子(大阪成蹊大学)
 支部役員会
 
荒井敦子(NPO法人音楽の森)池田智子(一般社団法人兵庫県音楽療法士会)、石村真紀(相愛大学)、
一ノ瀬智子(武庫川女子大学)、市原幸子(滋賀県音楽療法研究所)、
伊藤美恵(NPO法人日本ミュージック・ケア協会)、 岩井澤奈巳(大阪バイオメディカル専門学校)、
大前哲彦(大阪音楽療法協会)、岡崎香奈(神戸大学大学院)、後藤浩子(大阪音楽大学)、
小原依子(神戸女子大学)、杉原千幸(NPO法人フリー・あ・ステージ)鈴木暁子(東加古川病院)、
土橋ひとみ(紀の国音楽療法研究会)、濱谷紀子(同志社女子大学)、堀早苗(神戸女学院大学)、
益子務(武庫川女子大学)、 松田恵理子(大阪音楽療法協会)、安本義正(京都文教短期大学)、
山田由紀子(西宮音楽療法研究会)、若尾裕(神戸大学名誉客員教授)

 監事
  笠原吉孝(滋賀県音楽療法研究所)、
司馬良一(兵庫県立総合リハビリテーションセンター) 
 
   
 特別委員会(筆頭者が委員長、2番目が副委員長、<>内は事務担当委員)
・研究誌編集委員会
 伊藤美恵、小原依子、朝野典子、岩井澤奈巳、大串智恵、益子務、<水上恵美>、村上純子、渡邊幸子、 
   和田幸子、 若尾裕  
倫理委員会
 後藤浩子、鈴木暁子、〈梶田美奈子〉、北村英子、辻睦子、那須貴之、伏見強、森本恵美子
・渉外委員会
 堀早苗(兵庫)、北山紀子(兵庫)、荒井敦子(奈良)、伊藤美栄(大阪)、岩井佳子(大阪)、
   大澤直(京都)、大塚尚子(和歌山)、笠置英恵(京都)、川ア佐和子(奈良)
   <杉原千幸(大阪)>、土橋ひとみ(和歌山)、西村直美(滋賀)、柚木たまみ(滋賀)
・課題研究委員会
 大前哲彦、石村真紀、阿比留睦美、岩井正浩、加戸敬子、川端智美、近藤清彦、松本佳久子、 
   <三浦美弥>、山本賀子  
・教育研修委員会
 松田恵理子、安本義正、一ノ瀬智子、岡田敦子、宮島幸子、三善恵子、〈森陽子〉
・講習会企画委員会
  濱谷紀子、市原幸子、池田智子、片桐じゅん、〈川村尚子〉、岸田由紀、坂下正幸、鞘本尚子、南里幸子、
   林仁美、横田祥子、渡邊真美
・メディア委員会(集計作業チームは*印以降のメンバー)
 山田由紀子、長谷川裕紀、坂郁子、〈佃誉子〉、 *一ノ瀬智子、大前哲彦、竹原直美
           

 委員会の役割
研究誌編集委員会
『近畿音楽療法学会誌』の編集
 倫理委員会    
    音楽療法士としての職業倫理について深めていく諸事業を企画  
渉外委員会   
  支部としての対外活動を担い、音楽療法の社会的認知を広げていく
課題研究委員会
    共同研究課題の選定、共同研究の推進、課題研究発表の企画
教育研修委員会   
    講習会等開催団体の認定審査、 各登録団体が企画する講習会・研修会・ワークショップ等の認定審査       
講習会企画委員会
学術大会における支部講習会の企画
メディア委員会     
  支部メーリングリストと支部ホームページの管理・運営、及びアンケート集計業務 

日本音楽療法学会近畿支部会則 
第1章 名称   
  第1条 本支部は日本音楽療法学会近畿支部と呼称する。  
    英文名称:Kansai Music Therapy Association  
第2章 目的と事業  
  第2条  本支部は、疾病と健康に関わる音楽の機能と役割を学際的に研究し、音楽療法が、医療、福祉、健康、教育の領域において積極的に展開することを目指し、近畿地区における音楽療法の発展に貢献することを目的とする。  
  第3条 本支部は、第2条に掲げた目的を達成するために日本音楽療法学会(以下、「本学会」と略す)の事業に協賛すると共に、次の事業を行う。  
  (1) 学術大会等の開催  
  (2) 研究誌の発行  
  (3) 音楽療法の社会的位置づけを確立する事業  
  (4)  音楽療法士の養成・研修に関わる講習会等の開催  
  (5)  その他、目的を達成するために必要な事業  
第3章 会員  
  第4条  本支部の会員は、滋賀、京都、大阪、兵庫、奈良、和歌山の各府県に在住・在職する本学会会員とする。  
  第5条 本支部の名誉を著しく毀損したり、本学会の倫理綱領に背く行為のあった者は、本支部倫理委員会の発議により役員会の議を経て本学会倫理委員会に報告し、本学会倫理委員会の発議による理事会及び評議員会の承認を経て除名される。  
第4章 役員    
  第6条 本支部に次の役員を置く。   
    支部長1名、副支部長1名、役員若干名、監事2名、及び事務局長1名  
  第7条 本支部に次の役員を置くことができる。  
    顧問、名誉会員、及び参与若干名     
  第8条 役員は本学会の倫理綱領に基づき本支部の目的達成をめざす。  
  2. 支部長は本支部を代表し、会務を総括する。  
  3. 副支部長は支部長を補佐し、支部長が出席できないときに会務を代行する。  
  4. 役員は本支部の事業運営にあたる。  
  5. 監事は本支部の会計を監査する。  
  6. 事務局長は支部長の指示により本支部の日常事務を遂行する。   
  7. 顧問、名誉会員、及び参与は本支部の運営について助言することができる。  
  第9条 第6条に定める役員(監事を除く)は本学会の役員選挙規定により支部正会員の中から選出される。  
  2. 役員の任期は3年とし、留任は妨げない。  
  3. 支部長、副支部長、及び事務局長は、支部役員の互選によって選出される。  
  4. 監事は、支部正会員の中から役員会の推薦により総会の承認を経て支部長が委嘱する。  
  5. 顧問、名誉会員、及び、参与は、役員会の推薦により総会の承認を経て支部長が委嘱する。
ただし、顧問、及び名誉会員は支部正会員でなくてもよい。
 
第5章 事務局   
  第10条 本支部の事務局は、近畿地区内に置く。  
   2. 本支部の日常事務を遂行する事務局長を補佐する事務局次長、事務局員を置くことができる。事務局次長及び事務局員は三役会の推薦により役員会の承認を経て、支部長が委嘱する。  
第6章 会議    
  第11条 本支部の目的を達成するため総会、役員会、三役会、及び特別委員会を組織し、会議を開催する。  
  2 総会は、毎年1回、支部長の招集により開催する。総会では事業及び決算報告を承認し、事業計画及び予算を決定する。  
  3. 役員会は支部長の招集により開催する。又、過半数の役員の要請があったとき、支部長は役員会を開催しなければならない。役員会は、役員現在数の委任状を含む過半数の出席で成立し、出席者の過半数でもって決し、可否同数の時は議長の決するところによる。役員会は本支部の事業運営の中心をなし、事業運営に必要な議決を行う。  
  4. 三役会は、支部長、副支部長、及び、事務局長で構成し、適宜開催して本支部の日常運営にあたる。  
  5. 参与は役員会に臨席し、本支部の運営に関して助言することができる。  
  6. 監事は、本支部の会計を監査し、役員会に出席することができる。  
  7. 本支部の目的を達成するために特別委員会を置くことができる。特別委員会の委員は、会員の中から役員会の承認を経て、支部長が委嘱する。  
第7章 府県の組織   
  第12条 本支部の目的を達成するため府県毎に府県組織を置くことができる。  
  2. 府県組織を組織する場合は、該当圏域に在住・在職する会員の総意で定めた会則、役員体制、事業計画等を提出し、役員会の承認を受けなければならない。  
  3. 府県組織の名称は、日本音楽療法学会近畿支部・○○(府県名)と呼称し役員は世話人とし、組織の代表は世話人代表と呼称するものとする。  
  4. 府県組織は、毎年1回、会計を含めた年間活動状況を役員会に報告しなければならない。  
第8章 会計   
  第13条 本支部の経費は、本学会からの交付金、及びその他の収入をもって賄う。  
  第14条  会計年度は、毎年4月1日に始まり、翌年3月31日をもって終わる。  
  付則    
  1. 本会則の変更は、役員会の議を経て総会で承認されなければならない。  
  2. 本会則は、2001年9月3日より施行する。  
  3. 本会則に暫定期間を設ける。暫定期間は、本学会の役員選挙が実施されるまでとする。  
  4. 本会則は、2004年9月19日より施行する。  
5. 本会則は、2005年7月16日より施行する。
6. 本支部の代表者は支部長(大前哲彦)とし、第10条に規定する事務局の所在地は、豊中市庄内幸町1-1-8大阪音楽大学内とする。なお、代表者及び事務局所在地は、役員の交代に伴い会則改正手続きを経ないで変更するものとする。
7. 本会則は、2009年3月22日より施行する。

日本音楽療法学会近畿支部三役選出に関する内規
1条 (目的)日本音楽療法学会近畿支部会則(以下「会則」と略す)に基づき近畿支部の支部長、副支部長、事務局長の選出方法について定める。
2条 (有権者)会則第9条の「第6条に定める役員(監事を除く)は本学会の役員選挙規定により支部正会員の中から選出される。」との規定に基づき、学会本部の役員選挙により近畿支部から選出された評議員(支部役員)をもって、近畿支部三役選出の有権者とする。
3条 (時期)学会本部の役員(評議員)選挙結果が報告された後、支部長は速やかに次期三役の選出を議題とする新旧合同の役員会を招集しなければならない。
4条 (投票)第3条に定める役員会の招集状に正副支部長を選出するための投票用紙、内封筒(無記名)、および返信用封筒(記名)を同封するものとする。
5条 (開票)返信用封筒の開封は、役員会の席で行うものとし、得票数1位を支部長、2位を副支部長とする。
6条 (事務局長の選出)事務局長の選出は、選出された支部長を含む出席新役員から推薦を受け、推薦された候補者の中から出席新役員の選挙によって決めるものとする。
7条 (引継)支部の新体制が新年度の4月から活動を開始できるように旧役員は速やかに業務の引き継ぎを行わなければならない。
8条

(改訂)この内規の改訂は、役員会の審議を経て、総会の承認を得るものとする。

9条 (付則)この内規は、2007年3月12日から施行するものとする。ただし、役員会の申し合わせとして2006年12月1日から運用する。

日本音楽療法学会 近畿支部公式サイトです 
サイトに掲載している全ての画像・記事の転載を禁じます